男性の更年期障害に効くサプリ|男の更年期に飲むサプリメント

男性更年期障害と生活習慣の関係

男性更年期障害(LOH症候群)を放置していると、さらなるトラブルを招いてしまう危険性があります。

うつ症状がある人の場合、自殺願望が出てきてしまうこともありますが、これ以外にも生活習慣病との関わりが指摘されているのです。

ここでは男性更年期障害と生活習慣病にはどんな関わりがあるのか、どういった病気が引き起こされるリスクがあるのかといったことについて説明していきますので、知識を深める一助となれば幸いです。




生活習慣病と男性更年期障害の関係

男性更年期障害を引き起こしている状態だと、男性ホルモンが著しく低下しているのですが、これと生活習慣病が関係しているといわれています。

男性ホルモンの値が減少している場合、生活習慣病を引き起こすリスクが増大してしまうと指摘されているのです。

また、生活習慣病との関わりが深い、メタボリックシンドロームになってしまう可能性も高まってしまいます。

更年期の年齢に差し掛かる頃になると、ただでさえ生活習慣病やメタボリックシンドロームになりやすくなるのですが、男性ホルモン値が下がっていることで、よりなりやすくなるという点に注意しなくてはいけません。

寿命に関する指摘も

男性ホルモンが低下している人は、そうでない人より早死にする傾向があるといわれています。

健康で長く生きたいと願っている人は、男性更年期障害にいち早く気付き、適切な治療を受ける必要があるでしょう。

どんな生活習慣病のリスクが増大するのか

男性更年期障害で男性ホルモン値が下がっていると、糖尿病、高血圧、高脂血症といった病気を引き起こしやすくなります。

また、高血圧などを放置していると、動脈硬化を引き起こし、進行すれば心筋梗塞や脳梗塞を招くリスクが増大し、最悪の場合には命を落としてしまうのです。

それから、たとえば糖尿病になった場合には、長期間に渡り食生活をはじめとする制限を受けなければならず、合併症の不安を抱えながら生活しなくてはいけなくなります。