男性の更年期障害に効くサプリ|男の更年期に飲むサプリメント

男性更年期障害(LOH症候群)とは?

いわゆる男性更年期障害のことは新しくLOH症候群と呼ばれるようになっています。

このLOH症候群について詳しく知りたいと思っている人のため、一体どういうものなのかをまとめています。




LOH症候群とは?

LOH症候群はLate-Onset Hypogonadismを略したものであり、加齢男性性腺機能低下症候群という呼称も使われています。

男性ホルモンの低下が原因となって引き起こされる症候群であり、心身のさまざまな不調を引き起こしてしまうのが特徴です。

おもな原因は?

前述したとおり、主要な原因は男性ホルモンの減少です。

人間の体内ではたらくステロイドホルモンの一種であるアンドロゲンが低下することがおもな原因であるという見方がされています。

通常、男性のアンドロゲン低下は徐々に起こるものなのですが、更年期のタイミングで急激な低下が生じるとLOH症候群の症状が引き起こされるようになるといわれているのです。

なお、この急激なステロイドホルモンの減少は、ストレスなどが原因となって起こるといわれていますが、減少していても無症状の人もいて、まだ完全に解明されていないのが現状です。

どんな症状が引き起こされる?

大別すると精神症状、身体症状、性機能症状の3種類が起こり得ます。

精神症状としては憂うつになる、苛立ちを感じる、神経質になるといったものが挙げられ、身体症状としてはだるい、ほてり、多汗、筋肉痛、関節痛、筋力の低下などが挙げられます。

そして性機能症状としては性欲が失われる、朝立ちしなくなるといったものが挙げられます。

治療方法は何がある?

男性ホルモンの低下をカバーするため、ホルモン補充療法がおこなわれます。

一定期間ごとに注射で補充したり、通院治療を受けない場合は経皮薬といって塗り薬によるホルモン補充をおこないます。

また、ホルモン補充療法の適応外の場合は漢方療法が選択されたり、うつ症状には抗うつ薬、勃起しない症状に対してはED薬が使用されることもあります。