男性の更年期障害に効くサプリ|男の更年期に飲むサプリメント

男性更年期障害の診療科

女性の更年期障害の場合は婦人科に行けばいいのですが、男性の更年期障害(LOH症候群)の場合、どの診療科で診てもらえばいいのか疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは男性更年期障害に該当する症状があり、どこに相談すればいいのかわからない人のため、行くべき診療科について説明しています。

適切に調べてもらえず徒労に終わったという失敗をしたくない人は、チェックしておいて損はないでしょう。




倦怠感・疲労感がある場合

男性更年期障害ではどうもだるいという状態や、疲れが抜けないといった状態が続きます。

その場合にどの診療科に相談するかですが、内科か心療内科、神経精神科へ行くと良いでしょう。

性欲減退・勃起不全がある場合

男性更年期障害になっていると、性機能症状として性欲がわかなかったり、朝立ちの頻度が低下したりします。

その場合には泌尿器科を受診すれば詳しいことを調べてもらえます。

病院へ行くことの大切さ

実は男性更年期障害で起こる症状が、別の病気により引き起こされているという恐れがあります。

倦怠感や疲労感は糖尿病や高血圧からきている可能性もありますし、性機能症状として起こる頻尿などは前立腺肥大の可能性もあるのです。

単なる年齢の高まりからくる衰えだと思っていたものが、男性更年期障害や生活習慣病などの深刻なトラブルによるもので、気付いたときには手遅れだったということにならないようにしましょう。

事前に問い合わせをすると確実

前述したような男性更年期障害で認められる症状があるという人は、あらかじめ電話などで相談し、男性更年期障害を取り扱っているか確かめておくと、無駄足にならずに済みます。